プロフィール

スタッフ

出来る限り更新できるよう頑張ります。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

素材/食材 Feed

2012年7月31日 (火)

冬瓜

とうがんと読みます。夏を代表する野菜です。でもなんで冬? そう、冬まで保存がきくほど日持ちするというところからきているそうです。昔一度試したことがありましたが持ちませんでした。なんで?! 毎年この時期になると冬瓜を炊きます。新潟の人は冬瓜を良く食べるそうですが、温かい状態で食べることが多いそうです。日本料理では夏ですので冷やし鉢として出す事も多いです。当店でも冷たい煮物としてお出しします。画像は間違って煮る前の状態の物でしたが、煮るとさらに翡翠の涼しげな色が出ます。素材の味は淡白なので色々なお出汁をたっぷり含ませて頂くとよいでしょう。

Photo

2012年7月25日 (水)

お米をとぐ

お米は洗うとは言わずに研ぐと言います。何故なんでしょう?洗うというのは汚れていたり汚かったりするものをきれいにするために洗います。お米はそのままでも別に汚くはありません。ですのでお米を研ぐ役割としては、胚芽を取り除いた部分が鋭くとがっています。そのまま炊くとそのとがった部分が割れやすいのです。ですので米を擦り合わせてとがった部分をまるくしてあげます(研ぎます)。その割れたり研いだカスを一緒に炊いてしまうと、細かいですのでお米より先にやわらかくなってとろけてお米とお米にくっついて食感を悪くします。ですので研いだ後にざるに空けて細かいカスを確認してみてください。これを除くだけでお米はすごく美味しくなります。

2012年7月16日 (月)

そうめん南瓜?!

最近スーパーでもたまに見かけるようになった食材。そうめん南瓜(かぼちゃ)、そうめん瓜(うり)とか糸瓜(いとうり)とか呼ばれる野菜です。まず茹でやすいように切ったところ↓

Photo

そして、約8分くらい茹でると...

2

こんな風に糸のようにほぐれるんです!!!

茹で過ぎると食感が悪くなるのでシャキシャキ感を残した方がよろしいかと。

夏の食材ですし、酢の物にするのがよろしいでしょうか?

ご家庭で扱う場合には皮がやたら固いので注意です。

無理な場合は近所の飲食店に持って行けばやさしいシェフの方が切ってくれるはず?!

です。


2012年7月10日 (火)

岩塩

Photo

当店で使用している塩は生意気にも岩塩を使用しています。ピリピリ塩辛く無く、甘味と角の取れたまるい味が特徴です。普通の塩と比べて味ももちろんですがミネラルの含有量に富んだ現代人に不足しがちな栄養素を補ってもらえる素晴らしい塩です。当店では主に天ぷらの付け塩にご利用いただいていますが、のど越しよりも噛んで美味しい田舎そばにも実はおススメです。


2012年7月 7日 (土)

あじさい...じゃない

長い梅雨の時期が明けるのもあとわずかではないでしょうか?お店の方も梅雨の時期に入り暫くは落ち着いた状態です。夏本番に向けて着々と準備を進める中、少し時間があったので最近少々さぼり気味?いやはやだいぶさぼり気味の剥きものシリーズを作ってみました。やはり時期に合わせてアジサイですね。たまに作らないと忘れてしまったりする為や自分に甘えない為にももう少し定期的に作らねばと反省。

Photo

 大根であじさい作りました。

2012年7月 3日 (火)

黒いんげん

今日は農産物直売所で黒いんげんを見つけました。見た目真っ黒で焦がしてしまったいんげんのよう?! この黒い いんげん実は茹でると緑色になります。何故かはわかりませんが茹でると普通のいんげんと見分けがつかなくなってしまいますsmile 画像は茹でる前と茹でた後です。

Photo

2012年7月 1日 (日)

海はないけど...

まず最初に言っておきます。ここ秩父は埼玉県です。たまにお客様から埼玉県から来たんですと言われる事があります。think いったい何県だと思っていたんでしょうか?wobbly それはさておき埼玉県は海無し県です。山の幸は豊富ですが海のものは...しかし秩父には荒川を主とした源流があります。その水を引っ張って淡水魚の川魚の養殖場もあります。ですので、海は無くともニジマスやヤマメ、イワナなどの川魚は豊富にあるのです。そしてニジマスやヤマメといった普段は焼き魚として出される魚も刺身でお出しすることができるという利点もあるのです。ご予約くだされば普段味わえない刺身もお出しできるので是非ご利用ください。

Photo  Photo_2  Photo_3

 ニジマス            ヤマメ           刺身です

  

2012年6月13日 (水)

青梅その③

青梅を一度煮て黄色になってから煮ては冷まして煮ては冷ましてとうとうこんなに鮮やかな翡翠色に仕上がりました。何度も言うようですが着色料無しです。

Aoume333_2

2012年6月12日 (火)

青梅その②

青梅が  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!  とまあ画像をご覧のとおりです。

青い梅が青い色で出てきて当然ですが、着色料を使わずにこの色を出す事は非常に難しいのです。疑ってる人がいたら一度梅を煮てお試しください。

333

2012年6月11日 (月)

青茄子?!

画像を見ていただくとわかりますが、茄子の色が青い(実際には緑色)!この茄子の天ぷらは普通の茄子を使っています。が...しかし普通に揚げているわけではありません。茄子の皮を極薄く剥いてあげると中はきれいな翡翠色をしているのです。ただ、ここまで鮮やかな緑色を出せるのは新鮮な茄子を使っているからなのです。スーパーや収穫してから何日か経過した茄子では出せる事の出来ない色!新鮮な証拠でもあるのです。

2012

本格手打 わへいそば のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
本格手打 わへいそば
  • TEL050-3467-1686