プロフィール

スタッフ

出来る限り更新できるよう頑張ります。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メニュー Feed

2012年6月30日 (土)

サフラン寄せ

サフラン寄せとは、コンソメにサフラン(パエリア等に使う)で色づけしたものを固めたもので、鉄人 道場さんの得意料理です。画像の右上ちょっと見づらかったです。何故この話が出てきたのかと言うと道場さんの師匠は私の師匠でもあるので形的には兄弟弟子にあたるのかと思います。ただ私はその仲間に加えてもらえるほど技量をもち合わせた者ではありません。

Photo

2012年6月29日 (金)

てっぴ

今日はふぐのご予約をいただきました。蕎麦屋ですけど東京は銀座での修業時代にふぐ調理師免許を取得していた事もあり、ご予約いただければお出ししています。ふぐを処理していると辛かった修業時代が思い起こされます。と同時にまた更なるやる気がみなぎってきます。歳と共に自分に甘くなってしまいがちな心に喝を入れるいい機会にもなります。また明日もがんばります。いっしょけんめ いっしょけんめ 画像はふぐの皮のトゲを取り除く作業です。この皮は、てっぴといいます。刺身をてっさ 鍋をてっちりです。

Photo

2012年6月19日 (火)

写真が無い訳とは?

台風が凄くてお店も暇でした。でも今のうちに色々たまっている仕事をやらねば。料理人でありながら経営にも目を配らなくてはいけません何故なら自営業だから...なので一人で経理をやったり営業をやったり環境整備などなど何役もこなさなければなりません。しかも料理以外全くの素人で仕事をこなすことでさえ時間を取られます。最近雑務が多い今日この頃ですが今日は夏のメニューを考えているところです。最近の傾向としてメニューに写真付きで説明したり、写真が無いと注文されにくかったりするようですが、写真が掲載されるという事は前もって撮っていたという事になります。当店では季節を取り入れた料理が多いのでその日に並んだ野菜や食材からメニューを決めていくことが多いので写真を撮ってメニューに載せる頃には食材の旬が過ぎたりお店に並ばなくなったりしてしまう事もあるので、なかなか写真を掲載することが難しいのです。写真を撮ってから更に美味しく食べられる調理法に変えメニューを変更したりすることもあります。ですのでご予約の際にどんな料理が出来ますか?と尋ねられてもなかなかお答えしにくい部分があるのも現状です。誤解を受けるかもしれませんが私の料理はどんな料理なのですか?と尋ねられたら、色々な意味で写真ではお伝えできない料理ということなのでしょうか。

2012年6月 1日 (金)

カエデのサイダー

秩父のメープルシロップを使って作られたその名も 秩父のカエデ樹液で作ったサイダーです。

NPO 秩父百年の森 埼玉大学 秩父樹液生産協同組合などで取り組む商品です。5000本の限定販売ですが、当店でも仕入れることが出来ました。秩父の森の恵み、生命の雫をぜひご賞味くださいPhoto

2012年5月28日 (月)

真似できない

この天ぷらはどうやってあげるのでしょうか?

Kakiagekunn

2012年5月26日 (土)

不思議

当店のメニューには不思議な調理法が隠されています。一見無さそうな天ぷらにも数多くあります。長葱、烏賊、蕗、海老も当たり前のように食べられるのには理由があります。和食という枠では捉えきれない日本料理の技法がここにはあります。

2012年5月12日 (土)

気温

雨が降ったり日中暑かったり朝晩冷え込んだりお蕎麦の水加減が難しいです。

2012年5月 8日 (火)

切れ端

かぼちゃの切れ端の余りが出ると、蒸してペーストにして保存します。だいぶ貯まってきたのでデザートにしてみました。中身はベイクドかぼちゃチーズケーキで、上からスイートポテト風のかぼちゃをモンブランに仕立てました。切れ端は余るととりあえず裏ごしたり卸したり流したりすると便利です。

Kabotya

2012年5月 3日 (木)

B級グルメ

秩父には埼玉B級ご当地グルメ王決定戦で優勝したみそポテトという食べ物があります。簡単に言うとふかした  ジャガイモに衣をつけて揚げ、甘味噌をつけたもの。ちちぶの和点心 小昼飯(こぢゅうはん)として市内取り扱い店舗で食べる事が出来ます残念ながら当店は取り扱い店舗に登録されてはいませんが、当店にもそのメニューがあります。しかし当店ではその味噌を季節に応じて色々な味噌で提供しております。例えばゆず味噌、山椒味噌、ごま味噌、南蛮味噌などです。料理は昔から回顧しながら進化します。

2012年4月30日 (月)

海老か山菜か?

当店の天ざるは通常海老と野菜の天ぷら付きのお蕎麦になっております。都会や遠方よりお越しのお客様には、山の中に来たんだから海老は無いよね~とかたまに言われますが当店のお客様は観光客の方だけではありませんので、そこのところご理解くださいますようお願いします。また、当店は基本的には野菜中心のメニューを心がけており地元の人もあまり食べないような野菜も調理したりします。あらかじめお電話いただければなるべくご要望に合わせた料理も用意いたしますのでお気軽にご相談ください。

本格手打 わへいそば のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
本格手打 わへいそば
  • TEL050-3467-1686